日雇いの仕事で働くメリット

自分の望む働き方を実現可能
日雇いバイトは、働き方を自分の希望で柔軟に変更できます。沢山稼ぎたい方は週に5~6日ガッツリ仕事中心の生活にすることもできれば、月に1日や週に1日など私生活優先で軽く働くことも可能です。入りたい時に電話一本で仕事を紹介してくれる企業もあります。
やっただけ高収入を目指せます
日雇いの仕事は基本的に日給制なので、勤務時間にこだわらず手堅く稼げることに加え、早めに業務が終了しても給与が全額支給される最低保障などの制度もあるので、しっかりした収入が見込めます。目標額やその時々の必要に応じて勤務日数を増やすことも減らすこともできます。
色々な職場で経験を積めます
日雇いのバイトは一つの職種にこだわるのではなく、色々な勤務地や職種に挑戦できるところが特徴です。積極的に新しい職業に挑んでいくことで、これまで気づいていなかった自分の新しい可能性や興味が見つかる貴重な経験をすることができます。

日雇いではどんな仕事をするの

日雇いの仕事内容をチェックしておこう♪

配送

引っ越しやオフィスの移転などに伴う配送ドライバーやその助手としてのお仕事です。免許を持っている方はドライバーとして運転手当が付く場合があります。初心者の方には、最初にトラックの運転研修や同乗期間が用意されています。道に詳しくなくてもナビやオペレーターのサポートがあるので安心です。

軽作業

会場の設営作業や機材の運搬など、アクティブに体を使って働くお仕事です。極度の力仕事では無いので、運ぶ荷物の大きさやジャンルによっては女性のスタッフも多く活躍しています。運んだり組み立てたりといった簡単な作業なので特別覚える知識や難しい業務はありません。

イベントスタッフ

イベント会場での搬入作業・お客様の誘導・物販販売・商品のPR活動などイベントを成功させるために欠かせない役割です。色々な仕事があるので、自分の得意分野を活かせる作業を選択することもできます。イベントにご来場されたお客様が満足できるよう明るく元気な対応を心掛けましょう。

ポイントを押さえておこう

日雇いはこんな人が活躍しています。
日雇いはこんな人が活躍しています。
正社員で働くよりも多く金額を稼げるという理由の方もいれば、就職先探しの一環でまずは日雇いで働いてみるという方もいます。平日に居酒屋などメインとなる職場で働いて、予定のない休日に日雇いのデモンストレーターをするなど、自分のペースで収入を増やすことが可能です。学生からフリーターまで日雇いの活用法はさまざまです。
日雇い仕事のデメリットや注意点は?
日雇い仕事のデメリットや注意点は?
社員やレギュラーのアルバイトと違って、決まった職場に定着して働くことがないので密な人間関係を築きにくいです。時間を共にして仕事の悩みを共有しあうような仕事仲間を作るのは難しいでしょう。また、待遇面や福利厚生も評価が受けづらいため充実しているとは言えません。
日雇いの仕事の効率的な見つけ方。
日雇いの仕事の効率的な見つけ方。
ある程度一定の期間、日雇いという働き方を続けようと思っている方は、定期的に仕事情報を入手できるようにお仕事情報サイトなどを確認しておきましょう。また、サイトによっては希望条件を入力しておくと、条件にあった求人情報がメールで送られてくるサイトもありますので、是非活用してみてください。