夜勤の仕事で働くメリット

高時給で社員並みの収入を獲得
22:00以降の夜勤は深夜手当が適応され、日中よりも給与が高いのがなによりのメリットです。夜間は時給が高いので勤務時間が短い割に、他の時間帯よりも効率よく収入を得ることができます。短時間で集中して稼ぎたい方はもちろん、レギュラー勤務で働く方はアルバイトでも社員に劣らない収入を得ることも可能です。
ピークを避けてまったり勤務
飲食店やコンビニなどの接客業の夜勤は、お店への人の出入りが少なくなるため接客よりも商品の仕入れや清掃作業などの業務が中心になります。ピークタイムの混雑を避けて働けるので通常よりも静かな店内でまったりとした時間を過ごせます。施設清掃などのお仕事でも営業終了後なのでお客様を気にせず業務に集中することができます。
空いてるスキマ時間を有効活用
夜勤というとフリーターが多く活躍しているイメージかもしれませんが、大学生や専門学校生にとっても重宝される仕事です。平日は学校やサークル活動などで忙しい学生でも休前日や講義のない日の前日の夜間を上手に活用することで、高時給で働けるのでまとまったお小遣いが手に入ります。社会人の方がWワークとして働けるお仕事もあります。

夜勤ではどんな仕事をするの

夜勤の仕事内容をチェックしておこう♪

コンビニ・居酒屋・飲食店

24時間営業しているお店での接客対応のお仕事です。夜間は来客数がピーク時より格段に少ないためお店の備品管理や清掃などセッティング業務が増えます。比較的落ち着いた環境でバタバタとすることなく仕事に専念できるところが特徴です。お店が落ち着いている分、通常より少人数体制での作業になります。

警備員・清掃

施設管理のお仕事です。ビルや病院など施設の管理室で防犯モニターのチェックや見回り作業を行う警備職は1~2名の体制で仮眠休憩なども含まれます。翌日の営業にむけて施設内のクリーンアップやゴミ収集などをおこなう清掃業務はグループ単位での作業です。全員で力を合わせて安全で綺麗な施設を維持する団結力を感じながら働けます。

軽作業

生産型のライン作業や商品の仕分けなど工場で行う軽作業のお仕事です。時間帯を問わずにできる作業であることが多く、日中行われている作業と大きな変化はありません。夜間には専用機械のメンテナンスや環境面の整備を担当する場合もあります。基本自分のペースでコツコツと行う作業です。

ポイントを押さえておこう

夜勤の仕事はどんな人にオススメですか?
夜勤の仕事はどんな人にオススメですか?
人々が寝静まった夜間にゆったり働きたい方や、収入面を重視したい方にはオススメのお仕事です。同じ時間働くにしても、夜間と日中では収入が大きく異なります。少ない日数や短時間である程度の金額を稼ぎたい方にとっても効率がいいので、昼間に別の仕事をしている社会人の方のWワークや主婦さんのお小遣い稼ぎにも最適です。
夜勤は女性でも働けるの?
夜勤は女性でも働けるの?
女性だからといって夜勤の仕事に応募できないということは一切ありません。警備員など職種によっては男性限定のお仕事もありますが、工場でのライン作業や清掃などの現場では多くの女性スタッフが活躍しています。家族が寝ている合間に仕事に出て、朝に帰宅をし家族を送り出してから就寝するというスタイルで働く主婦の方も少なくありません。
夜勤の仕事の大変なことは?
夜勤の仕事の大変なことは?
夜勤の勤務時間帯は深夜から早朝にかけてになるので、夜に働いて昼間に睡眠をとるという生活リズムに変わり昼夜が逆転する生活になります。深夜に起きている生活に慣れるまで、体に倦怠感を感じることもあるかもしれません。夜勤が初めての方は、週に数日決まった曜日に働くような勤務スタイルにすることで生活のペースを整えやすくなるでしょう。