看護師で介護の仕事を目指す方
看護師の現状ですが、慢性的に人材不足の状況に陥っているといわれています。医療機関で看護師の需要が高止まりしていることはもちろん、近年介護施設でも看護師を求める風潮が高まっているからです。高齢化社会が進んでいて、介護施設が日本全国にできています。主に介護スタッフがケアに当たるのですが、高齢者のなかには病気を発症することもあり、時には深刻な容体になる恐れもあります。そのような時に医療の専門知識を持った看護師がいれば、適切なケアを迅速に行えます。そのようなこともあって、介護施設において看護師や准看護師の募集が頻繁に出ています。
既に看護師で介護の仕事をしている方
看護師のなかにはすでに介護施設で高齢者ケアを行っている人もいるでしょう。しかし仕事をしていて、どうも現状に満足できないという人もいるでしょう。その場合には、同じ介護の世界の中で転職活動してみるのも一つの方法です。介護といってもいろいろなタイプの施設があります。有料老人ホームや特別養護老人ホームのような入所施設もあれば、デイサービスのような通所型の介護施設もあります。また、訪問介護のような自宅療養している高齢者のケアをするスタイルもあります。現在とは別のスタイルの仕事を探してみると、より自分の理想の職場が見つかるかもしれません。
看護師の仕事にブランクがある方
看護師免許を持っていても、結婚や出産などの事情により、看護師の仕事をしていない人も多くいます。ブランクがある状態では、職場復帰が心配という方は少なくありません。こうした方は、介護施設での職場復帰を考えてみるのも良いでしょう。その理由は、介護施設の場合、医療機関のように高度な技術を要する仕事があまり多くないためです。介護施設は病院ではないので、利用している人は高齢者でも症状は安定している人が大半です。命に係わるような症状を抱えている人は少ないので、精神的な重圧を感じることなく仕事ができるでしょう。

看護師の仕事内容

看護師の仕事内容をチェック

介護の現場での看護師とは?

介護の現場は病院とは異なるため、救急処置などレベルの高い医療を要求されることはないでしょう。看護師のなかでも基本的な業務をこなすことが中心となります。例えばバイタルをチェックするなど、介護、リハビリが必要な人に対してその指導やサポートを行います。また精神的に不安定な高齢者もいるので、メンタル面のケアを行っていく必要もあるます。病院では医師の指示に従って動くことが多いでしょう。介護施設の場合、医者が常駐していないこともあり、医療の専門家は看護師だけというケースもあります。そのような場合には、介護スタッフなどに指示を与えて能動的に動かないといけない場合もありますから、その点は理解しておきましょう。

訪問看護での医療処置
訪問看護といって、自宅療養している高齢者の家を訪問してケアを行う業務があります。患者の身の回りの世話をするほかにも、主治医の指示のもとで医療行為を担当することもあります。患者によって行うべき内容は変わってきます。まずバイタルチェックを行って、カテーテルや在宅酸素、人工呼吸器の管理をします。寝たきりの患者の場合には、床ずれ防止のための処置をとります。そのほかにも注射や点滴、服薬管理・指導なども必要に応じて行っていきます。
健康(バイタル)チェック
介護施設における看護師の仕事として、どの職場でも欠かせないのがバイタルのチェックです。体温や心拍、血圧などの確認をして、高齢者の体調をチェックします。またこの時、相手の様子を観察することも欠かさないようにしましょう。会話をしている時にいつもと少し違う印象を感じ取ることがあるからです。介護サービスのなかには訪問入浴もありますが、バイタルの確認をして問題があれば入浴を見送ることもあります。
訪問看護での医療機器
訪問看護師の場合、病院看護と比較すると普通の自宅で活動するため高度な医療機器を使った医療行為を行うことはできません。療養者には、在宅酸素や人工呼吸器、カテーテルなどを自宅に置いておいてもらい、看護師が実際に持っていく医療アイテムは、聴診器、血圧計、体温計などです。それほどいろいろな処置はできないと理解してください。場合によっては患者の容体が急変することもあるでしょう。もし自分たちだけでは対処しきれないというのであれば、速やかに救急車を呼ぶなど他の医療スタッフの応援を仰ぐことも大事です。
メンタルケア
高齢者のなかには介護施設に入ったことで精神的に不安定になることもあります。長く親しんだ自宅を出て異なる環境で生活することになり、うまくなじめないこともあります。そして高齢者看護のなかで欠かせないものとして、認知症の患者のケアもあります。認知症の方は自分でできると思っていたことができない、記憶がなくなる不安から精神面で問題を抱えるケースも多いです。このような精神的に不安定な患者に対してコミュニケーションをとって、心の不安を除去することも看護師の大事な役割の一つになります。
介護の仕事
介護施設には介護スタッフがいて、高齢者の介護の業務を担当します。しかし介護施設によっては介護スタッフが不十分なこともあり、看護師が介護の仕事を手伝うことも多いです。高齢者の状態に応じて、食事や排せつ、入浴などの介助を行います。しかし介護施設はできる限り利用者の自立を尊重する所ですから、自分でできると判断したものに関しては安易に手を差し伸べるべきではないです。それぞれの利用者の様子を見て、どこからどこまで介助すべきか正確な判断をしていきましょう。
リハビリ指導(通所介護)
デイサービスという通所型の介護施設があります。少数ですが、デイサービスで活躍している看護師の方もいます。デイサービスでは、リハビリの指導も行っています。基本的には理学療法士や作業療法士のような専門家がリハビリの指導を行うのですが、場合によっては看護師がリハビリの手伝いをすることもあります。高齢者のなかには思っているようにリハビリがこなせずに挫折してしまう人もいます。そのような人の相談相手になり、リハビリに対して前向きになってもらうなど、重要な役割を担っています。

施設ごとの業務やメリット等を比較

入所型施設(老人ホーム)

施設・業務内容

老人ホームのような入所型介護施設で看護師の求人募集が行われることは多いです。介護サポートが看護師の仕事のメインです。またリハビリをする高齢者もいますので、そのサポートなども行います。一般的な老人ホームの場合、比較的健康な高齢者が多いのでそれほど看護師を必要としていない傾向があります。入所型介護施設のなかには、特別養護老人ホームがあります。特別養護老人ホームでは、介護が必要な入所者が多いので介護などのサポートもより手厚く行う必要があります。またいつ容体が急変するかわからない方もいるため、看護師の募集が行われている所が多いです。必要に応じて、医療処置を施すのが看護師の役割になります。

特徴・業務内容

入所型介護施設における看護師の役割ですが、医療的な側面よりも介護的な要素のほうが色濃いといえるでしょう。介護職員のサポートを行うことも多いです。食事や入浴の介助、おむつの交換、寝たきりの入所者のために定期的な体位交換、シーツ交換といった仕事がメインとなります。入所者は残りの人生をそこで過ごす可能性もあり、より快適に明るく生活できるようなサポートをするのが仕事だと思いましょう。健康面はもちろんのこと、精神的な側面でも手厚いケアを行うことが求められます。また入所者の体調が急変した場合には応急処置、病院への手配も主体的になって行う必要があります。このような緊急事態の際には、自分がリーダーシップをとるくらいの気持ちでいたほうがよいです。

メリット

老人ホームの場合、入所したら最期までずっとそこで生活するという形になる場合が多いです。そのため、老人ホームの場合、平均在所期間が4年前後になるといわれています。看護師は長期間にわたってケアを続けることが必要となります。患者としっかりコミュニケーションをとりながら、一人一人の入所者と向き合ったケアができます。老人ホームなどの入所型施設を見てみると、介護職員は24時間入所者のケアをしないといけないかもしれません。しかし看護師に関しては日勤だけの勤務であることが多いです。オンコールがたまにあるかもしれませんが、日勤だけの業務になるため無理なく仕事を続けられるのも魅力です。残業もそれほど多くなく、定時で帰れることも多いです。

デメリット

老人ホームは医療機関ではないので、医療設備はそれほど充実していません。そのため看護や医療スキルを向上させるという意味では、デメリットのある施設といえます。もしも、しばらく介護施設で仕事をした後に、医療機関に転職するとその時の医療スキルについていけなくなって挫折するというパターンも十分あり得ます。老人ホームの場合、病院のような人の入れ替わりはさほど激しくはないです。そのため、いつも同じような仕事になります。ルーティン作業が中心となってしまい、人によっては新鮮味がなく退屈と感じるかもしれません。寝たきりの人の介護の場合、寝たきりの人の体を全面的に支える必要も出てくるので肉体労働の側面も強まります。

通所型介護

施設・業務内容

デイサービスといって、日中だけ高齢者を預かって介助やリハビリ、レクリエーションをして過ごすことのできる介護施設が増えています。高齢化が進んでいることもあり、デイサービスの施設も増加傾向にあります。このデイサービスで看護師の求人を募集していることもあります。デイサービスにおける看護師の仕事は、利用者の健康チェックをすることです。バイタルや利用者の様子をみて、普段と変わったところがないか確認をします。またリハビリのお手伝いをすることもあります。理学療法士や作業療法士がいるので彼らがリハビリの担当をするのですが、看護師もサポート役として携わることもあります。リハビリやレクリエーションの内容は、デイサービスの施設によって異なります。

特徴・業務内容

デイサービスにおける看護師の業務内容ですが、バイタルチェックが中心となります。デイサービスでは利用者に入浴サービスを実施しています。入浴する前にバイタルチェックをして、お風呂に入れるだけのコンディションがあるかどうかを判断します。また利用者のなかには常備薬を抱えているケースも多いです。そこで薬を適切な時間に必要な用量飲ませるなどの服薬管理も担当します。バイタルチェックが中心なので、看護師としてそれほどレベルの高いスキルは要求されません。しかしデイサービスの場合、医者が常駐していないことも多いです。そのため、医療面の判断は看護師が自分で下さないといけないケースが多く、その意味では看護師経験がある程度持っている人のほうが好ましいです。

メリット

病院勤務している看護師のなかには、夜勤を月に何度か担当していて不規則な勤務スケジュールで仕事をしてきた人も多いでしょう。デイサービスは朝から夕方までの施設が多いので、勤務時間が規則的であることは大きなメリットです。夜勤もありませんし、土日休みのデイサービスも多いので、一般的なカレンダー通りに仕事ができます。また高度な医療処置を必要とされることは少ないので、子育てなどでしばらく医療現場を離れている看護師が仕事復帰するのに適した職場といえます。深刻な症状を抱えた高齢者が来ることは少ないので、自分の処置で利用者を命に関わるような深刻な状態に追い込むことはまずないです。そのため、精神的な負担は病院勤務と比較すると少ないのもメリットといえます。

デメリット

デイサービスの看護師の仕事内容ですが、バイタル程度の簡単な作業が中心です。そのため、スキルアップという側面で見るとデイサービスはデメリットであるといえます。医療について新しい知識やスキルを求められることはあまりなく、しばらく勤務していると最新のスキルに対処できなくなる恐れがあります。看護師としての業務はバイタルや服薬指導程度で、後は介助などの介護スタッフとあまり変わらない仕事を担当する形になります。そのため人によっては、せっかく頑張って取得した看護師の免許を活用できていないというジレンマを抱えるかもしれません。高齢者の人を相手にした看護になり、コミュニケーションがうまくいかないというデメリットもあります。

訪問型看護

施設・業務内容

高齢化が進むことで、現在の病院では、入院期間が短縮化されつつあります。高齢者が多くなって病院を利用する人も増えるので、入院患者を長期的に受け入れているとベッドが空きにくくなる問題があるからと言えるでしょう。そこで入院して病状がある程度安定した患者に関しては、退院させて自宅療養に切り替える傾向が強まってきています。そのなかで注目されているのが訪問看護です。療養中の患者の自宅を定期的に訪問して、医療処置や身の回りのケア、介護をしている家族がいればアドバイスや介護の悩みの相談に乗るといった業務を担当します。病院が訪問看護ステーションを併設している、民間で独立した事業所をオープンするなど、全国的に増加傾向にあります。

特徴・業務内容

訪問看護における業務は主治医の指示のもと、各種の医療行為を行います。場合によっては、注射や点滴などを行わないといけないケースもあります。そのほかには食事や排せつなど、利用者のニーズに応じて介助を行います。また自宅療養している患者のなかには、家族と同居しているケースも少なくありません。その場合普段は家族が患者の介護を行っていることが多いため、今後介護をするにあたって注意すべきことについてアドバイスをします。また家族のなかには、日々の介助で悩みや不安を抱えているケースもあるでしょう。その場合訪問看護師に対していろいろと相談してくることもあるかもしれません。そのような時には専門家の観点から、適切なアドバイスをいろいろと行います。

メリット

訪問看護は日勤だけであることが多い点がメリットです。基本的には夕方までに勤務が終わるので、不規則なスケジュールで仕事をすることがなくなります。また最初からどこを回るのか決まっていますので、残業を強いられることもあまり多くはありません。訪問看護師の求人を見てみると、パートの案件が多いです。午前中だけのような短時間労働にも対応している案件もありますので、家事や育児との両立もしやすいでしょう。受け持つ患者は固定されているため、患者と知り合いになれる点もメリットといえます。それぞれの患者と向き合った、質の高い看護ケアを行うこともできるでしょう。時間をかけて信頼関係を構築したいと思っている看護師にはオススメです。

デメリット

訪問看護師のデメリットとしてしばしば指摘されるのが、どのお宅を訪問するか看護師自身で自由に選択できない点です。訪問看護師のなかにはそりが合わない患者の担当になってしまって、つらい思いをしてしまうというケースもみられます。例えば、きれい好きな看護師に割り振られた自宅が汚いというケースもあります。高齢者のなかには体が不自由な人もいるので、自分で掃除などのできないケースもあり、その場合には部屋がきれいではないという事例も出てきます。また自分は動物嫌いなのに、訪問する自宅にはペットがたくさんいるといった場合もあります。自分が担当することになる患者の自宅はどんな感じなのか、あらかじめ確認しておいたほうが安心です。

介護職の資格について

介護の仕事でスキルアップ

看護師の資格について

看護師として活動するためには、看護師免許を取得することが必要です。看護師免許を取得するためには、看護師国家試験を受験して合格する必要があります。看護師国家試験ですが、毎年1回開催されます。看護師国家試験の合格率は年によって多少の上下はあるものの、毎年90%前後で推移しています。看護師国家試験は誰でも受験できるものではなく、看護師専門の養成機関で決められたカリキュラムを修了した人が対象です。つまり専門的な教育を受けて、きちんと勉強すれば看護師の国家資格を取得できる可能性は高いです。ちなみに一度看護師免許を取得すると、生涯その資格を使い続けることができます。いったん職場を離れても、看護師として現場復帰することも可能です。

看護師の資格取得

看護師の資格を取得するためには、看護師国家試験を受けて合格する必要があります。国家試験を受けるためには、受験資格を満たさないといけません。看護師専門の養成所で必要な教育を受けることが必要ですが、選択肢として看護専門学校と看護短大、看護大学の3つのルートがあります。一般的に看護大学は4年制、その他は3年制をとっている所が多いです。早く看護師として仕事をしたければ短大もしくは専門学校を卒業したほうがよいです。しかし最近では最先端医療に携わることも多く、高度な知識・スキルを看護師も要求されることが多いです。そこで看護大学に進学して、じっくりと勉強をしてから職場に出てキャリアを積むというルートをたどる看護学生も増えてきています。

スキルアップ・給与アップを目指すには

介護施設に転職したいと思っている看護師のなかには、いずれはキャリアアップして重要なポジションで仕事をしてみたいとか、収入アップを目指したいと考えている人もいるでしょう。介護施設でキャリアアップする方法ですが、いくつかの選択肢があります。まずは管理職で部下を監督・指揮するポジションで仕事をする方法です。仕事に対する責任感もより感じられるとともに、給料もアップする可能性があります。もう一つの方法は、介護に関連する資格を取得して業務の幅を広げる方法があります。例えばケアマネージャーはケアプランを策定するなど介護業務のなかでも核となる役割を担当します。介護の分野で本格的に仕事したいと思っているのであれば、ケアマネージャーの資格取得に本腰を入れるとよいでしょう。

管理職(センター長、施設長、事業所長など)を目指すには
看護師のなかには介護関係の職場に転職して、そこでキャリアアップしたいと思っている人もいるでしょう。キャリアアップの具体的な方法ですが、いくつかのルートがあります。まずは事業所長やセンター長、施設長のような管理職に就く方法です。介護施設を見てみると、所長のような管理職は外部から招聘することはあまり多くありません。事業所内で優秀な人材に白羽の矢を立てることが多いです。そこで仕事をまじめに積み重ねて実績を残すことが大事です。もしキャリアアップのために転職するのであれば、積極的に事業を展開している所を選びましょう。もしかしたら新規事業所を開設するにあたって、所長になってくれないかといった打診があるかもしれません。
ケアマネージャーを目指すには
介護の世界でキャリアアップするためには、ケアマネージャーの資格を取得する方法があります。ケアマネージャーとは介護サービス提供の指針になるケアプランを作成します。そして各介護スタッフは、このプランに基づき要介護者の介護を行っていきます。そのため介護サービスのなかでも中心になるのがケアマネージャーということになります。もし看護師資格を持っている人がケアマネージャーの資格も取得することができれば、介護のマネージメントから医療面のケアまで、幅広い業務を担当することができます。場合によっては、ケアマネージャーの資格を取得できれば、独立開業することも可能かもしれません。

看護師の仕事探しのコツ

看護師の仕事探しのコツ

未経験者の職場選び

介護の世界が未経験者の看護師が転職先を探す場合、まず未経験者歓迎と書かれている求人を探しましょう。近頃では求人サイトを使って情報収集する人も多いでしょう。その場合には、未経験者歓迎で検索にかけてみると案件の絞り込みも行いやすいでしょう。また未経験者に関して、どのような研修を行っているかも事前に確認しておくと安心です。病院では勤務経験があっても、やはり介護の世界とは少し勝手が違うためそのやり方について研修できるような所のほうが安心です。訪問看護の仕事をする場合、通常は看護師一人で患者の自宅を回る形になります。しかし未経験者はそれでは不安だと思うので、2人訪問システムをとっているステーションを探すと安心です。

経験者の職場選び

介護の経験者であれば、看護師は引く手あまたという状態といっていいでしょう。介護施設における看護師の需要は高く、介護業界未経験でもOKといった求人はしばしばみられます。もし介護の経験のある看護師となれば即戦力として期待できるため、採用する側からみると魅力的でしょう。当面介護経験のある看護師は売り手市場で推移するでしょうから、じっくりと採用条件をチェックして応募先を見つけることが大切です。給料以外にも、福利厚生がどうなっているのか、自動車を持っている人はマイカー通勤が可能か、子育てをしている人は託児所が付いているかなどいろいろな側面で比較検討し、自分に最適と思われる介護施設の募集を見つけましょう。

経験者の体験談

看護師のやりがいと苦労、たいへんなこと
看護師(介護)のやりがいと苦労、たいへんなことはなんですか
介護の仕事をしていると、高齢者とのコミュニケーションの取り方は他の世代とはまた違った難しさがあるなと思います。お年寄りのなかには接し方が難しい人も時々見られますので、意思の疎通がうまくいかない、話しかけると叱られるといったこともあります。また介護の世界で避けて通れないのは認知症の方にどう接すればいいかという問題があります。話していることがコロコロ変わる、ちょっと目を離すとどこかに行ってしまうといったこともありますのでケアをする側からするとハラハラです。大変であることに違いはありませんが、長年じっくりと介護できるので家族に近い親しみをもって接することもできるのは、介護の看護師の醍醐味の一つだと思います。
看護師で印象に残るエピソード
看護師(介護)で印象に残るエピソードをおしえてください
高齢の男性利用者の担当をすることがあるのですが、その人は学校で教鞭を取ってきたということです。その人ですが女性の看護師で排せつ介助をする時に「自分の隣に来なさい」と言ってくるとか、時には軽く体をタッチしてきます。しかし少し年配の女性看護師が排泄ケアをする時には、そのようなそぶりは一切見せないといいます。その方は少し認知症の気配があって、車いすで移動しなければならない状態でした。そのような状態でも、人間の本能的な部分は変わらないのだと感心しました。そしてこの傾向は女性の利用者にもみられるみたいで、若い男性介護スタッフを見ると女性看護師が目の前にいてもスルーする人もいます。